実は意外と身近にある医療トラブルの存在とは

専門家の力が差し伸べる救済の手

CONTENTS

未然に防ぐ利点

未然に防ぐというのはどこの世界でも重要になります。例えば医療の現場でも同様のことが言え、医療トラブルが起きないためにも未然に防ぐセカンドオピニオンなどを取り入れるべきでしょう。

詳細を確認する

医療訴訟の流れ

一旦起こると恐ろしいのが医療トラブルや医療事故です。時には医療訴訟を行う場合もあり、長期的な裁判になることもあります。医療訴訟を起こすとまずは証拠を保全する手続きなどがあります。

詳細を確認する

信頼出来る弁護士

医療トラブルや医療相談に強い弁護士は存在します。中でも医療トラブル専門の弁護士事務所などでは様々な相談と判断をしてもらうことが出来ます。長期戦になるため信頼出来る弁護士探しが大切です。

詳細を確認する

医療トラブルの傾向

最近、弁護士に寄せられる相談の多くに、医療トラブルというケースがあります。医療トラブルとは、手術を受けた際の後遺症や金銭的なトラブルが、そのおもな原因とされています。 医療トラブルついては、次のようなデーターがあります。医療トラブルが、マスメディアで報道されると相談件数が増えるといったものです。このことからわかるのは、医療トラブルという課題に対しての、世間の関心のつよさです。 また、それらは時代の流れを反映しています。インターネットなどの普及により、医療情報を手に入れられることが可能になった為です。ほかにも、医療を受ける患者の権利意識も高まったことがあげられます。医療トラブルは多種多様なので、その性質を見極めることが大切です。

医療トラブルを早期に解決する方法は、弁護士に仲裁に入ってもらうことです。最近では、医療トラブルの相談を専門とした弁護士事務所もあります。医療トラブルを抱えている方に、ぜひおすすめしたいのは法律相談です。 この相談窓口は、実際に依頼するものではなくあくまでも相談のみです。ですから、より気軽に利用することが出来ます。また、相談内容によっては、初回の相談だけで問題が解決するケースもあります。 弁護士に相談をおこなうメリットは、万が一訴訟になった場合でも、見通しが予測できることです。これらの問題は、より専門的な知識を要するものです。ですから、医学知識だけでなく、法律においての過失を検討することが重要となってきます。

医療サービスを受け、おかしいと疑問に思うことがあれば、医療事故などの医療トラブルではないかと思ったらメモを残しておくことが大切です。 メモの内容として、治療を受けた時期や期間、診断、治療、予後についての説明や対応がどのようなものだったかは重要となります。 また、疑問に思ったきっかけ、副作用や合併症が出たさいはその時期や症状、医師からの説明内容なども書き留めておくと後々助かります。 必要ではないと思う事でも書いておくことで、時間が経ってから曖昧な記憶になってしまうことを避けることができ、はっきりした記憶として残ります。 そのメモをもとになるべく早く弁護士に相談することが大切です。 医療トラブルは専門的な問題となり、相談から解決までに長期にわたる場合もあります。 弁護士へのコンタクトは、電話帳に記載している事務所へ直接連絡して、弁護士会へ相談し紹介してもらうなどの方法があります。

弁護士への相談は高額な相談料がかかるというイメージが強くありましたが、近年では無料で相談を受けるサービスなどもあり、利用者が増えています。 とくに医療トラブルはご自身やご家族だけで解決するというのがとても困難ですが、信頼できる弁護士に助けてもらうことで早期解決も望めます。 経験豊富な弁護士により、真実を明らかにすることができます。 最近では医療訴訟を起こした場合の勝率が上昇しています。 判決前に和解するケースもあり、その場合も両者が納得した上での和解となるため円満な解決とも言えます。 医療トラブルではないけれど、医療における苦情は行政の窓口で相談することができます。 地域によって違いはありますが、お住まいの市役所などで確認してください。

Menu

医療トラブルと改ざん

医療トラブルは弁護士などのプロに任せるのが一番良いとされています。これには個人で動くと病院側に無駄に警戒されてしまうということがあり、カルテなどの改ざんが行われる可能性も高くなります。

もっと読む

医療トラブルの裏側

医療が行われる以上ミスというのは必ず起き、年間を通しても医療トラブルは起きていますが訴訟の数は少ないのには理由があります。これには専門性の高い医療現場だからこそ起こる問題でもあります。

もっと読む