実は意外と身近にある医療トラブルの存在とは

本を読む男性

医療訴訟の流れ

医療をしている人も人間であるから間違いはあるけれど、それを認めない場合がほとんどのような気がします。医療トラブルと呼ばれる事案は医者と患者の相互理解があれば相談件数も減る場合もあるかもしれませんが、お互いに意固地になった時点で解決策は裁判という形にまで発展していきます。 命にかかわる仕事をしているので、事故でとりかえしのない後遺症や病気にされるというのは避けたいことです。 話し合いの際に注意することは、患者側は医療トラブルと決め付けて医師の説明を聞かないという点です。感情的になってしまってはきちんと説明を最後まで聞くことができないかもしれません。医療トラブルかもと疑ったときは、その医師とのやりとりをメモなどに起こしておくと弁護士に相談した時にわかりやすいです。

医師との話し合いの結果、納得のいかない医療トラブルだった場合、弁護士に相談して医療訴訟に発展する場合があります。 しかし、訴えたからといってすぐに訴訟手続きに行くわけでは在りません。 医療に使ったカルテ等の改ざんを防ぐために証拠保全手続きを取ります。 これを行うことで病院側残っている証拠を写真などに収めて保全、検証をします。 ここで手に入れた証拠写真をもとに相談を受けた弁護士は、協力してくれる医師と共に検証をし、訴訟を起こしても勝てるかどうかということを検討していきます。いきなり訴訟にはならず、こういった手続きをしないといけません。 この手続きだけで20万円程度の費用がかかります。 もし、医療に過失が見当たらない場合は訴訟を起こすことはできないのでよく考えてから医療訴訟の検討をする必要があります。

Menu