実は意外と身近にある医療トラブルの存在とは

本を読む男性

医療トラブルと改ざん

医療というのは専門的な知識のため、私たち一般人にとっては非常にわかりづらく、本当にそれがあっているのか判断しづらいことがあります。 そんな時に頼るのが医療過誤や医療事故などの医療トラブルについて相談できる弁護士です。 医療トラブルを専門に扱っている弁護士が大勢いますので、相談先も選べます。 その際に気を付けることは、医療トラブルと思われた時にそれに関連するカルテ等を入手しようとしないことです。 普通そういうような資料があると、相談しやすいと私たちは思いがちですが、カルテ等を入手しようと病院に求めてしまうと、訴訟を起こされるのではと病院側に警戒されてしまいます。 そうなると、医療トラブルの相談を受けても、弁護士が調査する際に必要以上に警戒されてしまい、カルテの改ざんなどの恐れがあります。

これから、相談までの流れを説明します。 どこの弁護士事務所を選んでも、最初は相談カードに内容の記入をします。 医療トラブルについての今までのことを記入するのです。 その際、相談内容を聞き取りながら、裁判手続きや弁護士費用などの説明をもらえます。 この点は事務所によって違いますが、疑問に思う点はきちんとその都度解消するようにしましょう。 わからないことをそのままにせず、どんなことでも聞くことが大事です。 そのような質問をされることで、私たちの視点を知り、医療トラブルを解決させる糸口に繋がっていきます。 慣れない弁護士との会話や医療用語、さらに法律用語など大変なことばかりですが、私たちの相談に納得できる答えを見つけてくれますので、必ずわからないことは聞きましょう。

Menu